つくばセミナー《夏の思い出》完成

本日もご覧いただきありがとうございます。

みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

 

私は特に予定もないのでトールペイントの時間にあてる予定です🎶 (嬉しい〜〜)

やりかけの作品や、資料整理などやる事はたくさんあります。

 

まずは、先日つくばセミナーで受けてきた作品を完成させました*\(^o^)/*

 

 

つくばセミナー 夏の思い出 デザイン出口むつみ先生

つくばセミナー
夏の思い出
デザイン出口むつみ先生

 

先生は、「ペイント塾の他の3つの季節よりは工程を少なくして簡単にしてあるから大丈夫よ!」って言われていましたが…

 

なんのなんの、私にとってはなかなか手強い作品でした(汗)

 

 

アサガオのひらひらとひるがえった感じや、

紫陽花のふんわり優しいお花の表現が難しいのです。

 

描き込み過ぎると透明感が無くなるし、

ちょうど良い色加減をだすのが難しかったです。

まだまだですね〜 >_<

 

納得いってない個所多々ありますが振り返らず強制終了とします!

 

次にアサガオと紫陽花描く時は、今より少し進歩してれば良いのです (^_−)−☆

 

それにしても(出来はともかく)、爽やかでステキなデザインです!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

今年、郡山とつくばを皮きりに始まっている全国行脚の出口むつみ先生「ザビエルセミナー」

なんと、来年はこの江戸川地区にもお越しいただけるそうです。

嬉しいですね〜ありがたいですね〜♡

まだまだ先の事ですが、みなさま楽しみにしていてくださいね〜〜。

《シャビーウエルカムプレート》

 

以前サンケイさんで購入してあった瀬戸山桂子先生のデザインキット!

小さい白木なので手軽に描けるかと思い買ったまま
今まで温めてきました。

季節とは逆行していますが

シャビーな下地を急に作ってみたくなり挑戦しました。

 

シャビーウエルカムプレート デザイン瀬戸山桂子先生

シャビーウエルカムプレート
デザイン瀬戸山桂子先生

 

シャビー感がとっても素敵なデザインです。

 

所々ペンキが剥がれたような感じのベース作りが、目から鱗でとってもお勉強になりました。

案外簡単にできたので楽しかったですよ(^_−)−☆

 


《秋色の紫陽花のフレーム》

今日もとても清々しい気候で過ごしやすい一日でしたね。

大好きな季節がやってきました〜♪

芸術の秋!食欲の秋!ですね〜♫

秋色の紫陽花のフレーム

≪秋色の紫陽花のフレーム≫
アンジュマンスリーセミナー

デザイン出口むつみ

昨年10月にうけたセミナー作品です。

秋色のくすんだ感じが何とも言えない

味のある作品です。

フレーム部分を削ってシャビー感をだすんですが、

私は、そのままで飾ってあります…(*^_^*)

お気に入りにの作品の一つです。

さて、今日は気候のおかげで頭もスッキリ!

一日作品つくりの計画に費やしました。

素材選びやデザインを考えるのは

時間がかかって大変な作業ですが、

けっこう楽しいですよ~。

基本は自分の好きなもの♪

ワクワクするもの限定~♪

何事も楽しくなくっちゃね(^_-)-☆

でも、これがありすぎちゃって

絞り込むのに困ってます…^m^

いよいよ退院

ここ数日いいお天気が続きますね。
少し暑いくらいですが…

涼しげな作品の紹介です♪

アンジュ☆マンスリーセミナー
《ニゲラとアジサイのフレーム》
デザイン出口むつみ

ニゲラとアジサイのフレーム

これは昨年受けたセミナー作品です。

これで、初級なんですよ~

一つ一つのモチーフが凝っているし、フレームにギュッと可愛いものが詰め込まれた感じで、盛りだくさんですよね♡

とっても爽やかで今の季節にピッタリです (*^_^*)

 

 

さて、一か月前に背中を圧迫骨折して退院が長引いていたお義母さんでしたが、今日無事に退院することができました。

ご高齢に加え、数種類の難病を抱えた上での骨折だったので、先生をはじめ誰もがもう退院は無理だろうと絶望的に考えていました。

ところが、驚異的な回復力と何よりも本人の強い意志で、コルセットをつければ一人で起き上がれる程にまでの復活を成し遂げました。

素晴らしいです!

そこで先週末、自宅での介護をするために万全な体制を整えました。

車椅子と電動ベッド

まず、お部屋には、バージョンアップした電動ベッド(床ずれが出来にくくなるよう、自動で定期的に揺らぐシステム搭載)やヘッドサポート付きの車いす、ポータブルトイレ、ミニ冷蔵庫などなどを準備しました。

それからケアマネージャーを中心に医師や看護師、薬剤師、栄養士、居宅介護支援業者など、総勢15名の会議に出席し今後の介護についての話し合いをしました。

一人の介護のためにこれだけ大勢の方のサポートがあることを知って少し安心しましたし、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

お義母さんは要介護度4の認定を受けていますが、私たち家族は、最大限に介護サービスを利用させていただきながら、本人や家族の負担をすこしでも軽減させていただいて、みんなで生活していきたいと考えています。

これからの生活を考えるとどのようになるのか、正直いって不安な部分もありますが、悔いの残らぬよう頑張りたいと思います。

とりあえず今日は、みんなで退院祝いをして楽しく過ごします。